HOME > 緑内障

緑内障

主治医の一言

日本では緑内障の半数以上が正常眼圧緑内障と言われています。眼圧による緑内障の早期発見は比較的に少ないです。緑内障の診断には眼圧のみならず、眼底や視神経と視野検査等を総合的に判断する必要があります。最近ではコンピュータを応用することで、視神経の障害の程度を数字で表すことのできる検査、OCT(光干渉断層装置)の開発によって、緑内障の診断や治療効果の評価はさらに信頼度が高くなってきます。
眼圧を下げることは、緑内障治療の基本です。眼圧を下げることによって、視神経障害が進行しないようにすることです。
眼圧を適切な程度まで下げるため、まず、点眼薬による治療を行います。それでも眼圧が十分に下がらない場合や視野障害が進行する場合はレーザー治療や手術が行われます。
一方、十分眼圧が低いにも関わらず視野が進行する症例があることもまた事実です。視神経保護や眼循環の改善など、つまり眼圧に依存しない治療法の開発が待たれるところです。
いずれにせよ、緑内障は長期にわたり、治療や管理が必要な病気です。定期的に診察を受け、主治医と二人三脚で治療にあたることがとても大切です。

緑内障とは

緑内障は本来眼圧(眼球内の水圧)が高くなることによって、視神経に障害がおこり、徐々に視野(見える範囲)が狭くなっていく病気です。昔は「青そこひ」とも言われ、現在、失明原因の第一位となっています。最近、行われている緑内障の疫学調査の結果、40歳以上の人口のうち緑内障の患者は5%、20人に1人の割合でした。
目の中で栄養分を運ぶ房水(ぼうすい)と呼ばれる液体があります。この房水は、目の「毛様体」というところで作られ、角膜と虹彩から構成される「隅角」と呼ばれる所から目の外へ排出されます。この流れがスムーズである限り、目の中の圧力「眼圧」は、一定に保たれるのです。ところが、この眼圧はいつも同じ値ではないのです。一日の中、年齢、季節など、様々な要因によって、変化します。また、何かの原因で房水の排出路が詰まったり、働きが悪くなると眼球内の房水が溜り、眼圧が上昇します。眼圧の上昇によって、障害を受けた視神経は再生することはありません。失われた視野や視力は元に戻りません。多くの場合は、非常にゆっくりと視野が欠けてゆくため、本人が気付いたときには手遅れである場合はしばしばあります。

種類

開放隅角緑内障
ゆっくりと進行する緑内障。眼圧が長期間にわたり、徐々に高くなります。このタイプの緑内障は初期には全く自覚症状がなく、数年かけて、ゆっくりと進行して行くために本人の気づかないうちに視野が狭くなってしまいます。

閉塞隅角緑内障
急激におこる緑内障。加齢により虹彩や水晶体が変化して隅角の狭い状態がさらに進化し、完全に隅角が閉じてしまうことで、急に眼圧が上り、急性の閉塞隅角緑内障発作がおこります。発作時に目の痛みや頭痛、吐き気、嘔吐などの症状が現れます。緑内障発作は遠視の女性や60歳以上の女性に多いようです。緊急治療をしないと急に失明することがあります。

正常眼圧緑内障
眼圧の高くない緑内障。眼圧が正常範囲内(10~20mmHg)にも関わらず視神経に障害がおきているタイプです。これを正常眼圧緑内障と呼び、開放隅角緑内障に分類されます。近年行われた調査(多治見報告)の結果から緑内障の約6割が正常眼圧緑内障であり、また、欧米人に比べ日本人に多いことが分かりました。正常眼圧緑内障の大部分は夜間に眼圧が高いことが多く、昼間の診療では分からないことがあります。

続発緑内障
他の病気などに伴う緑内障。外傷や他の病気(ぶどう膜炎)、ステロイドホルモン剤などの薬剤によって眼圧が高くなります。

症状

日本にも200万人以上の患者さんがいると推定されますが、最初は症状がほとんどないため、気づかないうちに病状が進んでしまうことがあります。中高年の約5%(20人に一人)が潜在的に緑内障にかかっています。
急性の緑内障では、急激に眼圧が上昇し目の痛み、頭痛、吐き気など激しい症状をおこします。時間が経つと治りにくくなるので、緊急手術を要します。

検査

眼圧検査
目に空気や器具をあてて圧力を測ります。眼圧は血圧と同じように一日のなかで変化しますので一人ひとりの患者さんの眼圧の状態を知るには何回か日や時間を変えてくり返し測定する必要があります。正常な眼圧は10~20mmHgです。

眼底検査
網膜の視神経乳頭のへこみ具合を調べる検査です。視神経乳頭は視神経の突起が集まってできているので視神経が消失するとその部分のへこみが変形したり大きくなったりします。

視野検査
光の見え方で視野の欠け具合を調べる検査です。コンピューターを組み込んだ精密な視野検査をくり返し行って、視野が正常か異常か、また病気の進行状態を調べます。これらの検査を何回も繰り返して緑内障の状態を判断し、さらに病気の経過を観察するために
3~6カ月間隔で定期的に検査を行います。

点眼薬による治療

①プロスタグランジン関連薬(PE製剤):主に房水の流出量を増加させて、眼圧を下げます。眼圧下降効果がよく、また、全身副作用は 少ないため、第一選択薬として、よく使われています。しかし、眼瞼色素沈着、睫毛が伸びるなどの副作用が見られます。

②交感神経遮断薬(β遮断薬):房水産生を抑制し、眼圧を下げます。PE製剤と並んで安定した眼圧下降効果が得られますが気管支喘息や不整脈の発作を誘発する恐れがありますので注意が必要です。

③炭酸脱水酵素阻害薬(CAI製剤):房水産生を抑制し、眼圧を下げます。従来、内服薬と注射液がありますが最近、点眼液が開発され、使用頻度が高くなっています。内服薬の副作用は手足のしびれ、食欲不振があります。一方、点眼薬では、一時的にかすんで見える、結膜充血、点眼時にしみるなどがあります。

④配合点眼液:2つの異なる眼圧下降作用を有する成分が1製剤に配合されて、従来の併用治療よりも点眼薬や点眼時間が軽減されます。ただし、現在市販されている配合点眼液のベースはβ遮断薬であり、β遮断薬禁忌の方には配合点眼薬も使用できません。

 






INDEX

Loading